先進医療機器の導入に積極的な大手美容外科の方が全体的な信頼性は高いです。

MENU

大手クリニックの長所・短所

美容整形は大手に一極集中する傾向が強いです。
共立美容外科の他にも、社長が有名なTクリニックや、広告活動に積極的なS美容外科などが有名です。

 

大手クリニックを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

大手を利用するメリット

  • 症例数が豊富
  • 適正価格での治療を受けられる
  • 独自治療を用意している
  • 施術メニューが豊富(医療機器を多数完備)
  • サポート体制が充実
  • キャンペーンやモニター募集が多い
  • 院内の設備や内装が綺麗
  • 衛生管理を徹底している
  • 医師のレベルが高い

 

症例数が多ければ医師の技量も上がりますし、一部の患者から高額な治療で売上をあげる悪徳商法被害の心配もありません。
多くの人に選ばれていることは、様々な相乗効果があります。

 

小規模の美容外科でも人気院はありますが、全国展開するところは独自の治療法や品質管理によって患者を集めて複数拠点展開へ成長させた実績を持っています。

 

サポートするイメージ画像

美容医療は口コミやネットの評判が重要で、ネームバリューも多く拠点も多い大手は風評被害の影響を大きく受けます。
そのため、カウンセラーの教育やアフターケア、相談窓口の完備などサポート体制も充実させて大手ならではの手厚い対応を行っています。
患者数が多ければ医師の給料も高くなり、優秀なドクターが集まってくるなど相乗効果は多数あります。

 

 

大手を利用するデメリット

大手クリニックはメリットの方が多いですがデメリットもあります。
ただし大手の中でも共立美容外科は品質面のデメリットをカバーしています。

 

主なデメリットをご覧ください。

  • 医師の品質にバラつきがある
  • カウンセラーが成績優先で押し売りしてくる
  • ネームバリューがあるので診察券などで整形手術したことがバレやすい
  • 常時多数の患者がいて、他の患者と顔を合わせたり待たされることが多い

 

一番懸念されるのは医師の品質です。
大手の場合はバイト医師を使うことはありませんが、若手医師は在籍しています。
共立美容外科の場合は施術の難易度が高い鼻はベテラン医師が担当するなど、内容に応じて分担制を取っています。
個人開業医の場合は経験豊富な院長が執刀することを強みにしていますが、共立美容外科の場合は分担制にすることで各医師が治療分野に専門性を持っています。

 

繊細なハンドメイド手術の場合は、有名な敏腕医師がいる個人開業医を選ぶメリットは大きいですが、医師それぞれが分担して研修を行ったり学会への参加して先進医龍機器の導入に積極的な大手の方が全体的な信頼性は高いです。

 

大手でも役割分担をしっかりしていないところもあるので注意しましょう。

 

医師やカウンセラーは担当者ごとに能力や価値観も違うので、どこを利用しても多少は品質のバラ付きがありますが、共立美容外科は親身な相談をモットーにしているので、大手の中では押し売りによるクレームは少ないです。

 

ただ、大手の宿命ですが、診察券やクリニックの出入りを目撃されると、すぐに整形手術を連想されてしまったり、患者数が多いので予約しても必要以上に待たされたり、他の患者からジロジロ見られるといった意見はあります。