大手ェーン美容外科と地域密着型クリニックの品質、医師の水準、料金を比較してみました。

MENU

大手VS地域密着クリニック

共立美容外科は全国23院展開する大手で、通いやすいエリアの中で共立美容外科地域密着クリニックのどちらを利用するか迷っている方も多いでしょう。
大手チェーンは広告を一括で行ったり、ネームバリューによる集客効果が高いことから高品質の施術を低価格で利用できるメリットがあります。
医師への教育やグループ院を含めた症例データがあり、大手の強みを活かしたオリジナルの施術メニューを用意しています。

 

それに対して地域密着型の個人開業医は、利用するクリニックによって料金や品質に大きな差があります。
安定感がなく利用するクリニック選びが重要になりますが、評判の良いところは大手チェーンよりも総合力が上回ることがあります。

 

 

地域密着型クリニックのメリット

美容外科の個人開業医

地域密着型クリニックのほとんどが個人開業医です。
一部では特定のエリア内に複数院を提供している所や親が開業して2代目が仕切っている所もありますが、大半は医師が実績を積んだことで独立開業しています。
美容クリニックの看板で開業しているところの多くは、大手チェーンの院長や大学病院などで実績を残したベテラン医師が院長を務めています。

 

大手チェーンは一部でバイトや新人医師が対応することもあるので、医師の腕が高水準で安定している点が地域密着型クリニックのメリットです。
ちなみに共立美容外科は、大手美容クリニックチェーンの中でも医師の採用基準が厳しいことでも有名なので不安に感じる必要はありません。

 

患者が多くて売上が大きい所は設備投資にも積極的なので、小規模なクリニックでも設備や施術メニューのラインナップが大手チェーンと同じくらい充実しています。

 

 

医師には必ず得意・不得意がある

ヒアルロン酸注入など簡易的な施術は医師の腕で品質が大きく下がることはありませんが、鼻や骨格などの美容整形は医師の腕が重要です。

 

大手チェーンは難しい施術は、それぞれの分野の専門医が在籍していて、必要に応じて医師を最寄りのクリニックに呼んだり、他のグループ院で手術を受けるように指示されることがあります。
地域密着型のクリニックは、場所によっては各分野で専門性のある医師が複数名在籍していたり、非常勤で予約が入った時だけ外部から医師を召集している所もあります。

 

しかし、個人開業医の小さいクリニックは、院長が多少背伸びをしてでも自分で執刀しようと考えてしまうことが多いです。
地域密着型クリニックを利用する時は、医師の得意分野を確認して希望する施術内容に高い専門性を持っているか確認する必要があります。

 

 

料金はどっちが安いの?

大手チェーンの場合は、グループでの一括広告など効率化をできるメリットがある一方で、経営者や運営本部の取り分があるデメリットがあります。
地域密着クリニックは集客力が弱くて患者1人の利益単価を高めるために高額な料金設定をしていることもあれば、良心的な価格設定をして薄利多売の運営をしている所もあります。

 

つまり、大手と地域密着型の小規模クリニックでどちらが安いかは一概に言い切れません
大手チェーンは適正相場の料金設定をしていて、地域密着型のクリニックは上にも下にも大きく振れる料金設定をしているケースがあります。

 

地域密着クリニックの方が高いと言い切ることはできないですが、大手チェーンなどと費用や施術法、使う素材の違いをしっかり比較する必要があります。